“SETOUCHIを旅するシードル”シリーズ【飲み切りサイズ】販売開始のお知らせ |新着情報|瀬戸内醸造所

follow us!
instagram

news

“SETOUCHIを旅するシードル”シリーズ【飲み切りサイズ】販売開始のお知らせ

 飲み切りサイズで、気軽に瀬戸内のりんご産地へ味覚の旅を

南部の海のイメージが強い瀬戸内エリアですが、北部は中国山地が広がる寒冷地。瀬戸内海沿岸では温暖な土地の果物・柑橘が。山間部の寒冷地では林檎が栽培されています。このように一つの地域の中で様々な気候の作物を栽培することが可能なことから、「日本の農業の縮図」と称されるのも、この地域が持つ特徴。

当初、りんごと言えば長野や青森のイメージしかなく、瀬戸内醸造所でもシードル=りんごの発泡酒を造ろうと計画が持ち上がった際、「原材料となるりんごを栽培している場所を見つけることはできるのだろうか」と大変不安に感じました。

しかしながら、調査を進める中ですぐにその不安は解消されることになります。広島県では“高野りんご”、お隣の山口県では“徳佐りんご”と親しまれる、りんごの産地をすぐに見つけることができました。瀬戸内醸造所では、高野りんごの産地・広島県庄原市高野町と、同市内の東城町。そして徳佐りんごの産地・山口県山口市阿東徳佐のりんごで3種類のシードルを販売しています。原材料となるりんご農家さんは、ご縁により繋がっていきました。まず仕入れが決まったのは庄原市東城町の岩本観光りんご園。お世話になっている行政の方からのご紹介でした。次に決まったのは庄原市高野町の高野りんご加工組合。瀬戸内醸造所の“三原ニューベリーA”というワインのぶどう農家さんから、組合に加入しているご友人のりんご農家さん(田辺りんご園)をご紹介いただきました。ちなみに高野りんご産地・シードルの紹介動画を作成していますので、こちらもどうぞご覧くださいませ。
そして、山口市阿東徳佐、徳佐シードルのりんごはふじい林檎園から。高野町の田辺りんご園さんのご友人の藤井さんをご紹介いただきました。瀬戸内醸造所の3種類のシードルは、図らずも代表的な西日本のりんご産地をお世話になっている皆様のご縁で繋いでできたお酒。そんな温かみも感じて、飲んでいただけたらうれしいです。
瀬戸内醸造所のラインナップに新たに加わる、小瓶の“旅するシードル”シリーズ。
ワインに比べてまだ知名度が低いシードルを、まずは気軽に飲み切りサイズ330mlまたは350mlでお試しいただきたいという思いからラインナップに仲間入りしたシリーズです。
既に販売中の750mlフルボトルのシードルと、産地やりんごの品種は同じですが、小瓶で展開するにあたり【発泡はフルボトルと同じく瓶内二次発酵で造る】【澱を残してより濃厚なりんごの果実味を味わう】、そして一気に飲んでも苦しくならないよう【スパークリングの圧はやさしめに】という3点にこだわりました。

小瓶でも一本一本手作業で、瓶内二次発酵

瓶内二次発酵は、スパークリングワインを造るための伝統的な技法。タンクの中で一度できたお酒をボトルに詰めます。そこに再度酵母を入れて、瓶の中で起こるアルコール発酵。酵母は糖分を分解して、アルコールと炭酸ガス(発泡)を作ります。これを瓶の中で起こすことで、お酒に溶け込むきめ細やかな発泡のお酒が出来上がります。発酵期間中はボトル一本一本をくるくると回し、瓶内で澱を攪拌させます。こうすることで旨味が広がり、美味しいお酒となっていくのです。

写真はワイン製造の場合の瓶内二次発酵作業イメージです。


味覚で瀬戸内のりんご産地へ旅をしていただくための、瀬戸内醸造所の“SETOUCHI Ringo series”。そして、気軽な飲みきりサイズの小瓶で
本当に旅のお供も可能な、「旅するシードル“SETOUCHI Ringo series”」です。

ワインに比べるとアルコールがやさしく飲みやすい、りんごの発泡酒・シードル。味わいはドライに穏やかな発泡、お食事を邪魔しないよう仕上げており、屋外でのバーベキューなどにもぴったりです。
3種類の旅するシードルのりんご産地は、瀬戸内醸造所ではお馴染みのりんご産地【TAKANO(高野)・TOJO(東城)・TOKUSA(徳佐)】。さらに小瓶オリジナルのスパークリング圧に調整し、味わいで瀬戸内の“旅時間”らしいひとときを演出します。瀬戸内から発信する日本のクラフトシードルです。

産地とともにつけた商品名と、ラベルのイラストの由来

商品名につけた“染む”、“爽やぐ”、“和ぐ”は、「沁み入る」、「爽やか」、「和む」の古語です。
味わいから、飲むとどんな気分になれるお酒かイメージしやすいように付けました。そしてラベルは、各産地やりんご園の実際の風景をイラストにしました。
りんごの品種や飲み頃温度も記載していますので、気分に合わせてお選びいただき、そしてシードルを飲んで旅先で得られる非日常感をお楽しみください。
小瓶のシードルシリーズは現在卸売に限って販売しております。1ケース(22本入)以上のまとまった数量をご発注いただける場合は弊社より発送いたしますので、どうぞお問合せくださいませ。
※発送箱の規格の都合上、フルボトル商品との同梱となる瀬戸内醸造所ECでは販売しておりません。ご希望の際はお手数ですがお問合せくださいませ。
※「TOJO(東城)」は現在販売しておりません。